我が家の代表エコ家電 大活躍の洗濯機

エコ家電では、洗濯機に乾燥機能がついているものが良いです。電気をあまり使わない、風のみのものがあります。

我が家の代表エコ家電 大活躍の洗濯機

エコ家電で洗濯機は簡易的な乾燥を促すもの

我が家の代表エコ家電 大活躍の洗濯機
ドライヤーを使うとき、温風と冷風があります。温風の場合はヒーターが付いていて、風を送るときにその部分を通します。そうすることで熱い風が当たるようになっています。では冷風では氷でも使っているかですが、冷風の場合はただの風です。温風に比べて冷たい風になっています。どちらも風を送るために電気を使っていますが、温風の場合はヒーターを使い、冷風の場合は使っていません。おのずと電気の使用量も違いが出てくることになります。

何かを乾燥させたい場合、より温度が高いほうが効率は良いです。しかしその分電気を使います。たくさんのものを乾燥させたいなら、時にはヒーターを使って一気にしたほうがよいこともありますが、数が少なければ特に必要ないこともあります。洗濯機や乾燥機において、乾燥する仕組みが付いているものがあります。こちらにはヒーターがついていて、それで乾燥ができるようになっています。少ししか乾燥させるものがないときは、少し無駄なこともあります。

エコ家電として使うのであれば、本格的な乾燥がなくても良いです。ある機種においては、脱水のときに、軽い乾燥を促す装置がついています。それは風のみを送る仕組みです。ヒーターが付いているわけではないので、電気の使用量も限られています。ちょっとしたものであれば、風だけで十分乾くことまります。その後に外干しなどをすれば乾ききっていない部分も乾燥させることができるようになるので、エコにつなげることが出来ます。

Copyright (C)2019我が家の代表エコ家電 大活躍の洗濯機.All rights reserved.